グローバルナビ

糀文化ブログKouji-Bunka Blog

記事一覧

京葉ガス~暮らしを楽しむ発酵ごはん6月~「ぬか床作り」 

6月の京葉ガス「暮らしを楽しむ発酵ごはん」は「ぬか床作り」を行いました。

ファイル 91-1.jpg

ぬか床で働く乳酸菌は25℃くらいの気温で活発に活動します。この温度は6月の平均気温です。

今、ぬか床作りにとても適した季節なのですね。

ぬか床の命は糠。玄米の外皮を削った部分です。糠は米へんに健康の康と書きます。米以上に栄養のある部分です。

今回は、無農薬のミルキークイーンの糠を用意!
そのまま食べてもきなこのような味わいのおいしいぬかを使ってぬか床を作りました。

ファイル 91-2.jpg

〇捨て漬けってなあに?

〇1日1回混ぜるの?混ぜないの?

〇水が出たらどうする?

〇足しぬかはどうやるの?

などなどぬか床について詳しくお話いたしました。

ファイル 91-3.jpg
ぬかを触っていると気持ちいい!

ぬか床作りの後は、講師の漬けてきたぬか漬け、炊き立てご飯、1分味噌汁を召し上がっていただきました。アボカドのぬか漬けが大好評でした。

ファイル 91-4.jpg

野菜をぬか漬けにすることによって栄養価が高くなる!保存性が高まる!旨みが増す!なんて便利なのでしょう。
腸内環境を整えるぬか漬けの乳酸菌は、ヨーグルトの10倍ともいわれています。

みなさま、マイぬか床をかわいがって育ててくださいね。

ままてぃ主催「親子のからだに優しい発酵食講座」開催いたしました

TX沿線で子育てするママを応援するサイト「ままてぃ」主催の「親子のからだに優しい発酵食講座」で講師を務めさせていただきました。

ファイル 92-1.jpg


当日は「ままてぃ」読者の素敵なママと可愛いちびっ子たちでいっぱい!

ファイル 92-2.jpg


大人も子供も健康に生き生き暮らせる発酵のある暮らしについてお話させていただきました。


こどもの幸せを願わない親はいません。
暮らしに発酵をとり入れていただくことで、子どもたちのからだの調子が良くなり、気持ちまで前向きにすることができることを、腸科学をもとにお伝えいたしました。

ファイル 92-3.jpg

暮らしに取り入れていただきたい1日1杯のお味噌汁を手軽にとれる「味噌玉」のワークショップを行いました。

ファイル 92-4.jpg


ころころするの、楽し~い!!

ファイル 92-5.jpg

親子でつくった味噌玉味噌汁を飲んでほっと一息。

ファイル 92-7.jpg

こちらはお土産の味噌玉です。みんな上手にできました。

ファイル 92-6.jpg

一生懸命味噌玉をつくっていたファミリーの方から、お味噌汁を必ず摂ろうと思います!という嬉しいコメントをいただきました。

ファイル 92-8.jpg

発酵で食育!これは当協会が大切にしているテーマです。これからもずっと続けていきたい活動です!

ファイル 92-9.jpg

第2回続けていける「発酵のある暮らし」

第2回続けていける「発酵のある暮らし」

梅雨空でした。会場にお庭の紫陽花を飾りました。

ファイル 88-1.jpg

梅雨空に負けず、会場には笑顔がいっぱい!

ファイル 88-2.jpg


天然酵母を作って暮らしに活用するコツをお伝えしました。

ファイル 88-3.jpg

赤ちゃんも参加してます。自由なペースで学びましょう。
ファイル 88-4.jpg

川浦先生手作りの酵母ドリンク、Akey さんの天然酵母パンを召し上がっていただきました。
ファイル 88-5.jpg
ファイル 88-6.jpg

講座の最後には加瀬先生の季節のプチヨガを行い、身体と心を繋いでリフレッシュ。
ファイル 88-9.jpg

発酵は暮らしの知恵。特別なものはいりません。ちょっとしたコツをお伝えし、続けていける発酵のある暮らしのご提案してまいります。

次回は7/11(水)発酵トマトのスウプを作ります。

ファイル 88-8.jpg

わらびーず、楽しんでます。
ファイル 88-7.jpg

糀マイスター養成講座第4期生卒業!(涙)

梅雨の合間の晴れの日、当協会4期生の卒論発表と糀マイスター授与式が行われました。

ファイル 89-3.jpg

府中から通った安形さん、お子様を抱っこしながら学んだ石井さん、パンの先生であるきよみさん、三人三様の見事な卒論発表!
ファイル 89-1.jpg

ファイル 89-2.jpg

ファイル 89-7.jpg
生徒さんの発表を聞きながら、胸がいっぱいになりました。
自分なりにまとめ、人前で発表することでいっそう学びが深まったことでしょう。
数カ月、一緒に学んだ皆さんと授業で会えなくなるのは寂しいけれど、当協会の卒業生として益々活躍することを願っています。
ファイル 89-6.jpg

場を移しイタリアレストランコメスタ柏の葉で謝恩会。ガーデンをイメージした地元野菜の前菜はとても美味しかった!

ファイル 89-4.jpg

日暮理事に頂いた畑のアーティチョークの花も、門出を華やかにお祝いしているようでした。

ファイル 89-5.jpg

糀マイスターとしてスタート地点に立った皆様の笑顔が輝いて見えました。

糀マイスター基礎講座東京会場「みりん・日本酒」

ファイル 85-2.jpg

糀マイスター基礎講座東京校では、発酵概論1・2、甘酒、味噌、醤油を終え、この日は、みりんと酒の単元。
ここまで来ると学びが深まっており、菌たちとだいぶ仲良しになっています。そして皆さん、いっそう発酵にのめり込んでいくのがわかり、それが嬉しくてたまらない講師(*^_^*)

さて、授業は、
まずはみりん講座から。

ファイル 85-3.jpg

みりんは、ワインや日本酒と同じぐらいアルコール度数かお酒というと驚く人も!さらに優れた調理効果を知ると、もうみりん無しの暮らしは考えられなくなってしまいます(笑)
座学のあとは、みりんを実際仕込みました。(塩を加えて仕上げますので法にはふれません)
さらにみりん粕を味わい~そこに含まれるレジスタントプロティンの効能にまたまた驚き、みりん粕も放ってはおけなくなります(笑)

午後は酒講座。

ファイル 85-1.jpg

酒の歴史や作り方を学び、つぎに様々な種類のお酒を試飲。ほろ酔い気分での授業です😅
杜氏が駆使して作る日本酒は、ひとつとして同じものはないといわれていますが、実に味わい深い!
世界でもまれにみる「並行複発酵」という独特の作り方で出来上がる日本酒は、まさに芸術ですね。

発酵は、知れば知るほど奥が深い~ということで、講座の後も第二の学びと称し、醸しにいった面々でした(笑)

流山市立博物館主催のみりん学講座

昨日行われた、流山市立博物館主催のみりん学講座。J:COMデイリーニュース番組での取材がありました。
この講座は、みりんの歴史、効能を学び、製造による違いの味比べなどを行い、そのあとみりんを使ったお料理を作るというもの。昨年から引き続き、今年も年4回行われます。
今年度第1回目は、鶏胸肉のみりんヨーグルトソース、みりんのミネストローネ、トマトのみりんマリネでした。
ファイル 81-1.jpg

流山蔵のカフェ「灯環」にて発酵アフターヌーンティー&トークショー

当協会糀マイスター養成講座2期卒業生秋元さんのお店「蔵のカフェギャラリー灯環」さんでイラストレーター村西恵津さんの作品展【kamoshidasu】がありました。

ファイル 86-1.jpg

醸すをテーマにした作品展にちなみ「発酵アフタヌーンティー&トークショー」イベントを開催。この発酵アフタヌーンティーは、なんと秋元さんの卒論で発表したもので、それが実現!
卒業生の活躍は嬉しい限りです。

協会で学んだ甘酒、味噌、醤油、みりん、酢、酒粕をすべて使ったオリジナルメニューは、大好評!

ファイル 86-3.jpg

ふわふわの発酵シフォンおいしかった~!
ファイル 86-2.jpg

当協会の大瀬代表理事と村西さんとのトーク、「kamoshidasuとは」「イタリアのことスローフード」「発酵のこと」などのお話を聞きながらお召し上がり頂きました。

NEW講座続けていける「発酵のある暮らし」

5/30より日本糀文化協会のNew講座が始まりました。
続けていける「発酵のある暮らし」第1回目は満員御礼!

ファイル 83-1.jpg

水キムチをテーマに、腸内細菌学も踏まえて「発酵暮らしの楽しさ」をお伝えしました。簡単、便利な発酵は、日々の営みから生まれた暮らしの知恵です!

ファイル 83-2.jpg
水キムチの作り方を詳しくお伝えし、お持ち帰りの水キムチをみんなでワイワイ作りました。

ファイル 83-4.jpg

その後召し上がっていただいた水キムチの汁を使った冷麺は大好評!乳酸菌をたっぷりいただき、講座の最後に糀マイスターであり、ヨガインストラクターでもある加瀬 真弓先生の季節のヨガを行い、身体も心もリフレッシュ!

ファイル 83-3.jpg

加瀬先生の講座デビュー、素晴らしかったです!
微生物だけじゃなくてヒトも発酵できるのだなと感じた1日でした。
6/20は天然酵母をテーマに取り上げます。

ファイル 83-5.png

糀マイスター養成上級 発酵調理実践講座

糀マイスター4期の上級講座の料理で学ぶ発酵食品活用法。
味噌、醤油、みりん、酒、酢、塩麴、醤油糀の糀の発酵調味料を活かした料理を作ります。

ファイル 82-1.jpg

この単元は、単に料理をつくるだけではなく、料理講座の組み立て方やメニュー作りのポイントなども学びます。

テーブルコーディネートされたテーブルを前に、シャンパングラスに注がれたイチゴのビネガーで乾杯!

先人たちの知恵の結晶を今なお味わえることに感謝し、またそれを次世代に伝えていくことへの思いに胸を膨らませつつ、美味しく頂きました。

ひぐらし菜園「発酵×農園」青空クッキング

ファイル 84-6.jpg

ひぐらし菜園の食育×発酵をテーマにした畑ごはん!今年も当協会がお料理を担当しました。

ファイル 84-2.jpg

目の前に広がる畑で、とってきたばかりの、まだトゲトゲがある野菜、今が旬のズッキーニの花など…その野菜は力強いエネルギーを発していて、そこにいるだけでパワーが充電されていくよう。そして美しい色や形に、自然はつくづくアートだと思うのでした。

ファイル 84-5.jpg

そんな野菜の力と発酵の力をかりて、さっそく調理!塩麴のラタトゥイユ、甘酒味噌ディップ、醤油糀だれの揚げびたし、塩麴とアンチョビのドレッシングサラダなど、みんなでワイワイ言いながら、次々に仕上げていきました。

ファイル 84-1.jpg

テーブルに並んだお料理が、50人のゲストをお出迎え。色とりどりの華やかさに、皆さん、わー!と歓声が。

今回のメイン料理である「ズッキーニの花のフリット」は、揚げたてを振る舞いました。

ファイル 84-3.jpg

ズッキーニの花にチーズを詰めて衣をつけ揚げる、出来たのフリットはもう格別!カリカリの衣からトロっ~としたチーズがたまらない美味しさ。チビズッキーニのホクホクも最高!
毎年こちらでズッキーニの花のフリットを紹介していたことで、直売所でのズッキーニの花の売れ行きが、年々上昇していると!この美味しさを知ると、買いたくなるのは納得です。

野菜が主役のお料理を「美味しい、美味しい」と頬ばる姿に、早朝から頑張ってよかった~とメンバーたちもニッコリ。


日暮さん企画の「野菜×食育×発酵の畑ごはん」は、野菜と発酵のパワーを体に取り入れ旬の恵に感謝する、体も元気心も豊かになるイベントでした。

ファイル 84-4.jpg
今年も関われたこと、幸せに思います。

ページ移動

  • facebook
  • Twitter

一般社団法人 日本糀文化協会

ページトップへ