グローバルナビ

糀レシピKouji Recipe

記事一覧

小豆甘酒

春のお彼岸に、小豆甘酒を作りました。


2017年春分(しゅんぶん)Vernal equinox 地心黄経0度、日心黄経180度
【TIMES】2017/03/20 19:29

The length of a day and night becomes nearly equal.

ファイル 8-1.jpg


ここから秋分の日までの187日間、昼の長さが増えることによって北半球は光に満ちていきます。


エジプト、シュメール、バビロニア、マヤ、アイヌなど多くの太陽信仰の文明には春分を
基点とした暦がありますが、この時期にはじまりを感じるのは、北半球の生き物にとって自然のことなんだなあと思います。

北半球に位置する日本では、昼と夜の長さか同じになる春と秋に彼岸がありますね。


光に満ちた半年になることをからだもわかっているようで、ひと月前と比べてよく動く気がします。


今日は春のお彼岸に作るぼたもちの、茹で小豆を使って甘酒を醸しました。

糀マイスターの私が言って良いのか・・・実は朝から甘いものをいただくのが苦手です(笑)

(本当は、朝、ブドウ糖たっぷりの甘~い甘酒を飲むと、頭がすっきりしていいのですよ~。ただし、糖尿病など、糖代謝に心配のある方はお控えください)

そんな方におすすめなのが、小豆甘酒です。やさしい甘さがとても気に入ってます。


小豆にはごぼうの3倍の食物繊維が含まれています。


食物繊維は腸内環境を整えて善玉菌の活動を活発にしますから、発酵食品の甘酒と一緒に摂るのは理想的ですよね。

ファイル 8-2.jpg

小豆甘酒

材料
茹で小豆・・150g
米糀・・・・150g
水・・・・・280g(材料がひたひたになるくらい)

作り方
1.材料をすべて炊飯器に入れ、ふきんをかける。
2.ふたを開けたままにし、保温ボタンを押す。
3.そのまま、8時間ほどおく。途中できたら1,2回かき混ぜる。


つぶつぶが気になる方はフードプロセッサーなどで攪拌してお召し上がりください。

わたしは、そのまま、もぐもぐ、もりもりいただきました(笑)

やさしい甘さがくせになる、小豆甘酒。ぜひお試しください。

  • facebook
  • Twitter

一般社団法人 日本糀文化協会

ページトップへ