グローバルナビ

糀レシピKouji Recipe

記事一覧

小豆甘酒

春のお彼岸に、小豆甘酒を作りました。


2017年春分(しゅんぶん)Vernal equinox 地心黄経0度、日心黄経180度
【TIMES】2017/03/20 19:29

The length of a day and night becomes nearly equal.

ファイル 8-1.jpg


ここから秋分の日までの187日間、昼の長さが増えることによって北半球は光に満ちていきます。


エジプト、シュメール、バビロニア、マヤ、アイヌなど多くの太陽信仰の文明には春分を
基点とした暦がありますが、この時期にはじまりを感じるのは、北半球の生き物にとって自然のことなんだなあと思います。

北半球に位置する日本では、昼と夜の長さか同じになる春と秋に彼岸がありますね。


光に満ちた半年になることをからだもわかっているようで、ひと月前と比べてよく動く気がします。


今日は春のお彼岸に作るぼたもちの、茹で小豆を使って甘酒を醸しました。

糀マイスターの私が言って良いのか・・・実は朝から甘いものをいただくのが苦手です(笑)

(本当は、朝、ブドウ糖たっぷりの甘~い甘酒を飲むと、頭がすっきりしていいのですよ~。ただし、糖尿病など、糖代謝に心配のある方はお控えください)

そんな方におすすめなのが、小豆甘酒です。やさしい甘さがとても気に入ってます。


小豆にはごぼうの3倍の食物繊維が含まれています。


食物繊維は腸内環境を整えて善玉菌の活動を活発にしますから、発酵食品の甘酒と一緒に摂るのは理想的ですよね。

ファイル 8-2.jpg

小豆甘酒

材料
茹で小豆・・150g
米糀・・・・150g
水・・・・・280g(材料がひたひたになるくらい)

作り方
1.材料をすべて炊飯器に入れ、ふきんをかける。
2.ふたを開けたままにし、保温ボタンを押す。
3.そのまま、8時間ほどおく。途中できたら1,2回かき混ぜる。


つぶつぶが気になる方はフードプロセッサーなどで攪拌してお召し上がりください。

わたしは、そのまま、もぐもぐ、もりもりいただきました(笑)

やさしい甘さがくせになる、小豆甘酒。ぜひお試しください。

ゆずはちみつジンジャービネガー

地元の農家さんから「ゆず狩りに来ませんか」とお声がけいただき、喜び勇んでいってきました。
青い空に映えるゆずの黄色がまぶしい!まるでお日様のように輝いてみえました。

ファイル 7-1.jpg

ゆずと言えば冬至。今年(2016)の冬至は12月21日だそうです。
冬至は1年で1番日照時間が短い日ですが、翌日から徐々に日照時間が長くなることから「一陽来復」と言って、この日を境に運が上向くとされています。
ゆずをお湯に入れてゆず湯にするのは、運を呼び込む前にからだを清めるという意味があったのではないかと言われています。

確かに、ゆずのさわやかな香りは身も心もリフレッシュさせてくれますね。

ゆず狩りでゆずがたくさん採れたので、ゆずはちみつジンジャービネガーを作りました。

ゆずはちみつジンジャービネガー

ファイル 7-2.jpg

材量 ゆず2個/しょうがひとかけ/はちみつ100g/穀物酢200cc
作り方①ゆずはよく洗って水分をふき取り、8等分にする。
   ②消毒したビンに①のゆず、しょうが1かけ、はちみつ、穀物
    酢を入れる。
   ③ゆずから水分が出てくるので、ときどき上下をかき混ぜる。

お湯を注げばからだがぽかぽかに。牛乳や炭酸水で割っても美味しいです。

クリスマス会や忘年会で食べ過ぎが気になる季節。
酢酸によるエネルギー燃焼、アミノ酸による脂肪分解など、糀の発酵調味料「酢」の健康作用で乗り切りたいですね。
ビタミンCもいっぱいで、風邪予防にもなるゆずはちみつジンジャービネガー、是非お試しください。

【5分でできるフレッシュサルサソース】

【青辛唐辛子でサルサ】
日本糀文化協会のKAMOKOです。

夏野菜が終わりかけ、そろそろ端境期かな、というこの時期、直売所で青辛唐辛子を見つけました。
これを見つけたら作るのがフレッシュサルサソース。
塩と酢でできるとーっても簡単な野菜ソースです。(ラテン語でサル=塩)
これを置いておくとみんなが勝手にピザトーストを作りだすから、楽ちん。小腹の空いた高校生は、食パンにピザソースを塗って、サルサソース、さらに山盛りのチーズをのせて、トーストしております。

アボカドにかけたり、グリルチキンやサーモンにも合いますよ。

ちなみに、サルサに使われる酢は、糀菌の酵素の働きで作られる発酵調味料です。酢の主成分酢酸は、体内でクエン酸に変わり、身体の調子を整えてくれます。青辛唐辛子のあるうちに、是非お試しください(^-^)

ファイル 6-1.jpg

材料&作り方(200mlビン1本分)


・青辛唐辛子10本(20g)(刻む)
・酢 大さじ2
・塩小さじ1/2弱

↑上3つを混ぜ合わしておく(できれば1晩置くとおいしい)

そこに、↓下の材料3つを加えて混ぜる。

・玉ねぎ1/2個(みじん切り)
・トマト1個(みじん切り)
・ピーマン1個(みじん切り)

とっても簡単です。でも1つご注意いただきたいことが・・

青辛唐辛子を触った手でお顔など触ったりなさいませんように。ヒリヒリと大変なことになりますので、十分お気を付けくださいね。

甘酒でエビチリ。プロの味

ファイル 5-1.jpg
材料(2人分)
 

エビ12尾・・・背ワタを取り、塩・酒・片栗粉(分量外)をまぶして、しっかり洗って水気を拭いておく

下味★酒     大さじ1/2
  ★塩・胡椒  少々
  ★片栗粉   大さじ1/2
  ★卵白    1/2個
  ★ごま油   小さじ1

ソース
長ネギ  1/4本(みじん切り)
ニンニク 一片  (みじん切り)
しょうが 1/2かけ(みじん切り)

豆板醤  小さじ1

☆中華スープ1/2カップ(お湯1/2につき鶏ガラスープ小さじ1/2)
☆トマトケチャップ 大さじ3
☆甘酒  大さじ2
☆紹興酒 大さじ1

水溶き片栗粉 大さじ1と1/2

レタスなど青菜

*中華料理は、先に調味料をいろいろ揃えるのが大変に感じますが、後は合わせるだけなので実は簡単!なんです。

作り方
1.下ごしらえしたエビに、★の下味をつける。

2.フライパンに油(分量外)を熱し、1のエビを手早く痛めて1度
 取り出しておく。

3.先ほど使ったフライパンに長ネギ・にんにく・生姜のみじん切りを
 入れ、焦がさないように炒める。香りが出てきたら豆板醤を加え
 る。

4.☆(中華スープ・トマトケチャップ・甘酒・紹興酒)を加えて煮立
 ってきたらエビを戻して水溶き片栗粉を入れる。

5.青菜をしいた器に盛る。 

*砂糖を使わずに甘酒で仕上げています。   
     

チーズの味わい!豆腐の塩こうじ漬け

ファイル 4-1.jpg
材料(2人分)
木綿豆腐 1丁(滑らかな食感がお好みの方は絹豆腐で)
塩こうじ 大さじ2

作り方
1.豆腐の水気をよくきる。(一晩ザルに入れ、冷蔵庫に置いておくだけで十分)
2.食べやすい大きさにカットし、ペーパータオルなどで豆腐の水気を拭く。
3.塩こうじを塗り、ペーパータオルに包んでジップロック入れ、冷蔵庫で1週間ほどおいておく。時折水を捨てる。

★ワンポイント
漬けておく時間によって、味わいが異なります。20日ほど漬けたものは、ねっとりとクリームチーズのような濃厚な味わいになります。
でも、ここまでなかなか待てず、すぐに食べたくなってしまうんですよ~。
★おかかと醤油でシンプルに、またはチーズ代わりにカプレーゼやサラダに使っても美味しいです。

豚肉の味噌漬け

ファイル 3-1.jpg

材料(2人分)
豚ロースまたは肩 6枚(200g~300g)
味噌床
味噌 大さじ1、酒 大さじ1、みりん 小さじ1、醤油 小さじ1/2
 (あればすりおろしショウガ 5g)    

作り方
①味噌床の材料をすべてまぜあわせる。
②豚肉に①の味噌床を塗り付けるようにし、ラップで包む。
③2日ほどおき、フライパンに油をしいて焼く。

★ワンポイント 保存性が高いので、まとめて作って、1回に食べる分ごとににラップに包んでおくと便利です。
お使いになる味噌によって、味わいが異なりますので、好みの味噌で作ってみるとよいでしょう。

★味噌のこと
味噌に漬けることによって、おいしくなるのはもちろん、食品の保存性がアップし、消化吸収も良くなります。
味噌は腸内環境を整える発酵食品です。腸内環境を整えることで免疫力が高まり、便秘解消でデトックスにもなります。
味噌に含まれる必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルは体と神経の疲労回復に有効に働きます。
また、女性には特に嬉しい効果が・・大豆から味噌へと発酵が進む過程で作られる「遊離リノール酸」は、しみを抑制する美肌効果があります。さらに「サポニン」「メラノイジン」は細胞の酸化を防ぎ、「イソフラボン」は女性ホルモンの働きを活発にします。味噌はアンチエイジング食品なのです。
味噌に含まれる「大豆レシチン」は脳を活性化する栄養素として注目され、アルツハイマーや認知症予防にも役立つ食品として、注目されています。昔から私たちの暮らしに寄り添ってきた味噌ですが、今その素晴らしさが改めて見直されています。  

ミョウガのピクルス

ミョウガの旬です。ミョウガが出ると、夏が来る、といいますね。
甘酢漬けにされることが一般的なミョウガですが、ピクルスにすると、甘すぎず他の料理に転用できますよ♪
そのままでももちろん美味しいですが、ミョウガのピクルスを玉ねぎ代わりに使ったポテトサラダ、刻んでツナと和えたツナサラダは、絶品です。
糀の発酵調味料「酢」を使ったみょうがのピクルス、ぜひお試しください。

ファイル 2-1.jpg

ミョウガのピクルス
材料(小さめの瓶1つ分)
ピクルス液
  酢・・・120cc
  砂糖・・大さじ4
  塩・・・小さじ1
  ローリエ1枚
  粒胡椒 小さじ1/2

ミョウガ10個くらい

作り方
1.清潔な容器を用意する。
2.ミョウガを洗い、水気を切っておく。
3.ピクルス液の材料を鍋に入れ、材料がすべて溶けたらミョウガを加え、10秒ほど熱する。
4.1の容器にミョウガをピクルス液ごと注ぐ。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • facebook
  • Twitter

一般社団法人 日本糀文化協会

ページトップへ